スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
バイク修理の道(とりあえず終了)かな?
2008-02-28 Thu 00:00
おこんばんは 枕眠でございます。

とりあえずバイクを動くようにする事が出来ましたYO

en5


さて、最初に搭載されていたエンジンさん、クラッチカバー剥ぐってみます。
アラヤダ・・・クラッチのプレッシャープレートは綺麗な銀色なアルミ地金じゃないですかw

このエンジン、車両搭載時からあんまり大事にしてなかったのですが、思ったよりオイルスラッジ
とか汚れがありませんでした。

 その代わりオイルストレーナー左あたりに、オイルに水分が混じって白濁した物質があるのが
イヤーでございまする。

# キャニスタも交換しないとアカンかもねぇ

EN6


 さてプレッシャープレート比較大会

左、滑ってたエンジンから出た部品、右、今回分解したエンジンから出た部品
共にプレッシャープレートです

 左マックロ、右キレイ (^-^;) おまけに左のはクラッチ板が接触する部分がどえりゃー
削れてますねん。 
コレ、本来なら交換でしょうに、 旋盤で修正する気にもならんですわ。
ここがこういう状態だとクラッチ板、フリクションプレートを収めるプライマリドリブンギアも
クラッチ板が接触する部分、削れてると推測しても差し支えなさそうな悪寒。

en7


 さて、クラッチスプリングを計測してみる図
アバウト42.0ミリなんで問題なさそうですね、比較対照する為に右手前にヘタレスプリング
を置いてみました。 差は歴然ですな。

en8


ある意味メンドクサイYAMAHA構造ではあるが、調整度が高い構造なクラッチ君
黄色矢印の部分がプッシュロッドの突出量を調整するロックナット。

こいつがあるおかげで、ご臨終寸前のクラッチでもなんとかバランスを取る事ができると
言うもんでございますよ。

今回スプリングだけ交換しました。
クラッチアームを規定位置にHOLDして、プッシュロッド突出量を目検討でおおよそ合わせます。
あとはクラッチワイヤー側の調整ナット×2箇所で調整します。

後はロックしてクラッチカバーつけてボルトを規定とトルクで締めてオイル入れてオシマイ
とりあえず周囲をちびっと走行してみましたがクラッチのすべりは収まってます。

作業後書

 はっきりいって今回の作業は「修理ではアリマセン」 
ぶっ壊れた部分を手元にある最低限の中古部品で済ませたヤッツケ仕様であります。

 まぁこういう方法を取った理由は

1)エンジン素性がわからんのを載せ換え
2)クラッチ滑り確認
3)素性悪いエンジン故に修理するとなると完全オーバーホールしないと後出費がスゴイ
4)ならダメだ部品を最低限で交換してみますかね。

 となる訳です。
これをプロに委託したら、まーイヤがるでしょうね。
プロゆえに中途半端な仕様で修理して壊れて結果責任を追及されても困るでしょうしね。
また作業内容としても

1)エンジン載せ換え
2)中古マフラー交換(再塗装)
3)クラッチオーバーホール(エンジン×2)

これに作業工賃入れるとさて・・・実質時間で5Hくらい、でも日にちをまたぎますから
体感ではもっとかかる気がするでしょう。

でもこの状態でもとりあえず動くダケで、今後の保証なんざ無いわけでございます(苦笑)。
こういう仕事、ちょーっとお願いはできませんな。
失礼でしょそもそもw 

金つかわねー、新品部品つかわねー、それで修理しろっ!
何様なんですかいって思われるに1ドゥーカ W

あっちはちゃんと修理してナンボなお仕事な訳でして、仕事なんですヨ、遊びじゃないんですヨ
生活かかってるんですよ。 
部品交換箇所選定、作業技術(経験値もあるわなぁ)、そういうスキルを使用してるわけですから
たーのめませーんW

 って事で自己責任で作業した次第 ダメ部品の塊になってるから中途半端に新品いれても
意味ないんで、冒頭に戻るわけですが降ろしたエンジンからスプリングだけ剥ぎ取ったんですなW

 まぁそこらあたりのトレードオフを受け入れられない人はマネしないように、これ見て作業して
なんら問題が起こっても一切責任持ちません、自己責任でヨロシクですよ。

 って事で、まぁこのエンジン、どんくらい走れるか???ですね。
とりあえずエンジンオイル吹きまくってるエンジンをオーバーホール(シリンダ降ろしてクランクも
割って、消耗品は完全交換ね)するまで耐えてくれるといいなー(希望)w

 今回の出費

エンジンオイル 4リッター(3回フラッシング) そこらに転がってたオイル
サービスマニュアル 4800円

以上

 確認できた事

ドナーエンジンはアホタレ(セルモーターは大丈夫)
クラッチ関連は再使用不可能

搭載されていたエンジンはガスケット吹き抜けなれど
エンジン内部はまぁまぁキレイ

 って事で次回のエンジン再構築への覚書ってカンジですな。

 さーてちーと走行してきますかねぇ~
スポンサーサイト
別窓 | 大航海時代 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<ぬおおおおお! | ソンナ弾でウチがクマー! | バイク修理の道>>
コメント
★ お疲れ様です。
ついに自分で直しちゃったのですね。
すばらしいわ~。
今度、自分のイカレタ頭の治し方教えてくださいw
2008-02-28 Thu 02:04 URL | まーくん #VDOeaVXk[ 内容変更] | top↑
動くようにしたダケでっせw

>今度、自分のイカレタ頭の治し方教えてくださいw

この件はマー君の専属秘書に伝えておきますので
秘書にやってもらってください(謎笑)

2008-02-29 Fri 00:32 URL | 枕眠 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ソンナ弾でウチがクマー! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。